インテグレーテット ヒーリング

ネガティブな感情を避けてませんか?

IMG_1966
避けてるつもりはなかったけど、やっぱり避けてたんだなー。最近は怒りが多かったかも。
だって怒りという感情って体の中でものすごく不快で、感じていることが辛いんだもの。
それよりポジティブなことに集中した方がいいに決まってるし!って思ってしまいがち。
ネガティブな感情が訪れると私は、とりあえずそれを認識してみる。あ、怒ってるなって。
で、怒っていいんですよ、私はそれでも愛してるから大丈夫。ってそんな自分を受け入れてみる。
どうして自分は怒ってるんだろう?一体この出来事の、本当は何に怒ってるんだろう?
怒りの更に下に自分が感じている本当の気持ちはなんだろう?って掘り下げてみる。
そしたら、EFTやら使って、その不快な怒りを一刻も早く体から追い出して、ハッピーに戻ろう!
ってやってました。
これは一見するといいプロセス、いや実際に効果的なプロセスなんだけども、この中で唯一欠けていたのは、その怒りという感覚の中に、浸かってみるということ。

Continue reading

場所のエネルギー

IMG_0277

夏の暑さを楽しんでいる今日この頃。

みなさんお元気ですか?
この夏はどこかへ行きましたか?その場所のエネルギーをどう感じましたか?
今日は場のエネルギーについて、私が思ったことをシェアしたいと思います。
それに気づいたのは多分2、3年くらい前。
姉の家から帰ってくると、必ず体がすごくだるい。
姉と私とは良い関係で、いつも楽しい時間を一緒に過ごしているのに。
一体これはなんなんだ?なんで毎回体がこんなに疲れるんだろう。。。
その理由については長いことわからないままでした。

Continue reading

ダメな自分もパーフェクト

IMG_5545

English こないだ私の尊敬するプラクティショナーから、IHのセッションを受ける機会があった。
理由は去年末くらいからの鼻づまり。(またもや・・・)
彼女のセッションはブルドーザーの如く、ずんずんと奥を掘り出していく。
「自由に息を吸う」というゴールを妨げている原因として私の潜在意識から出てきたのは、「自己制限的な思い込み」というやつだ。
それは子どもの頃周りの大人に刷り込まれた、自分に対しての思い込みが、今の私の可能性を制限している、というもの。
で、私の場合何が刷り込まれていたかというと、親や学校の環境による「ピアノがへたくそ」とか「あんたはどうしようもない」=「自分には価値がない」って思い込み。

心のどこかに制限的な思い込みがあると、体もどこかで制限的な働きをしてしまう。私の場合は一番sensitiveな鼻の神経にそれが現れる。

セッションではその思い込みのfrequencyを取り除き、自分がその被害者であるという立場を手放す、って調整をやってもらった。

私の場合、IHのヒーリングはいつも自分の人生の状況とリンクしながら、セッションの内容と日常生活が相互作用し合って、気付きや新たなチャレンジ、更なるヒーリングへと繋がっていく。

今回は、このセッションの最中からめちゃくちゃ落ち込んでしまった。

エナジーワークを学び出して数年、練習しながらIHを何十回も受けたし、EFTと併用しながら色んなブロックを外してって、自分を無条件に愛するように、こんなにworkしてきたのに!今更まだ親とのisuueを手放してなかったなんて!
って超落ち込んでしまった。一体自分はいつになったら成長するんだろうか?無条件の愛とか言ってるそばから思いっきりゲンナリ、久しぶりに自分に対して途方に暮れてしまった。

で、常に私のガイドでいてくれる長老に意見を求めてみた。これは一体なんなんでしょうかと。

そしたら長老はこう言った。
親との関係性は、良いところも悪いところも含めて、今の「自分らしさ」を築いてきたもの。
それ位大きなものは、段階を追いながら、良い自分らしさだけを残しながら、いらない部分を手放して、ゆっくりと変化する方がいいと思う。
例え自信がないという事ですら、不必要に見えるけど、ある時にはそれはその人の魅力の一部でもあるんだから。
あなたがお母さんから刷り込まれた制限的な思い込みを手放さなかったのは、あなたの優しさでもあり、あなたの人間性に深みを与えてきた大切なものでもあったんだよ。
だから手放すまでに時間がかかってもいいんだよ。

・・・・・うおお〜〜〜ん。

そうか。。。自分はなんて成長が遅いヤツなんだ、過去をさっさと手放せず、なんてしつこいヤツなんだ!
って自分を責めてしまったが、ネガティブな思い込みですら、今の私の優しさを築いた材料でもあったわけなんだな。。。

今日の自分を、良いところも悪いところも丸ごと受け入れて、愛するってことは、それまでに起きた全ての出来事を、祝福に変えるマジックだと思う。
自分のもつ不完全さすら、不必要な要素じゃなくて、自分の一部であり、大きな成長の、人生のプロセスなんだって事に改めて気付いた。

ダメな自分も、全部、これで良かったんだな。段階を踏みながら、私は変わっていく。

この自分への無条件の愛ってヤツ、最初はよく分からなくてもいいと思う。私も4年前はそんなアイデアさえなかった。
少しずつIHやEFT、瞑想のサポートを得て、だんだんとその感覚がしみてきてる。

IHは潜在意識の中のネガティブな思い込みや、自分でも気づいていない様なブロックを取り除いていくのにすっごく便利なツール。
自分をもっと愛するために。
もっと明るく、もっと身軽に、人生を楽しんでいくために。

方位磁石であり、栄養ドリンクでもあるIH。受けてみませんか?

感情で猫を引き寄せる・Law of Attraction

IMG_9238 (1)

かの有名な「引き寄せの法則」。
そのAbrahamが言うには、「ユニバースはあなたが何を口で言ってたって聞いてないわ。あなたが感じてる事を聞いているのよ。」
という。そして人はその「感じていること」を現実に引き寄せる。らしい。
つまり内面では「お金がない〜っ」て恐怖でいっぱいなのに、口で「私にはお金があります!」と無理やりいい続けてみたとしても、自分の発するエネルギーは「ない」というエネルギー。宇宙に放たれたそのエネルギーは、それにとても似通ったエネルギーを、現実に引き寄せる。
「やっぱりない」ってのを。

てことは。
ある!と思って妄想してみたらいいんだろうか。目を閉じて、実際にお金があるところをありありと想像して、その感覚に浸ってみたら。
浸り続けてみたら。。。?
ただのアブナイ人になっちゃわないんだろうか???

というのもね、最近私はこの法則で、「欲しいけど絶対飼えないよー」と長年言い続けていた、猫を飼うという現実を引き寄せてしまったからなのだ。(今まだ受け入れ準備中<3)
私が口で言っていたのは、「飼えない」という否定。
その理由はお金のごとく現実的だ。
だってすごいひどい猫アレルギーだったから。
しかも毎月のようにキャンプやら旅行やらフラフラして家にいない事が多いのに、世話するのは不可能と思っていた。

しかし、「飼えない」と口では言いつつも、私の猫へのパッションは溢れ続けた。

まずIHで猫アレルギーは完全に消えた。
そのおかげで溺愛していた友人の猫を、彼女の留守の間家で預かる事に成功。束の間の猫生活をエンジョイ。
その猫はもう他界してしまったのだが、今度はアパートのマネージャーが猫を飼い始めた。
それ以来マネージャーの部屋の窓辺でくつろぐその子を毎日必ず眺めに行く日々。
その間私の感じているのは、「うちにはいない」って事じゃなくて、シンプルに猫への愛と、こんな子と一緒に暮らせたら。。。というポジティブな妄想だ。

そうこうしていたら、猫を飼っている近所の友人が、新しく仔猫を飼いだした。先住の猫とケンカになるかと思いきや、その猫は仔猫を非常に可愛がっているというのだ。
そして私はついに、もし仔猫を飼ったら、家を空ける時は彼女に預かってもらうという約束にこぎつけた。

そしてあらら、ふと気がついたら、私には「飼えない」という理由がなくなっていたのだ。

この「感情が引き寄せる」って法則、こんな感じに働くのね!!
もしもそのパッションを感じ続ける事が出来たら。
「ないこと」に自分のフォーカスを合わせ続けるのを一旦止めて、「あったら、どんな感覚か?」って想像してみたら。
IHのセッションの中でも、クライエントさんに目標を想像してもらうってことをやります。
これはとっても大事なプロセス。ありありと想像することが出来たら、じゃあどうやってその目標までたどり着こうか?って脳が頑張って地図を創っていくからです。

というわけで、みなさんも色々妄想してみてはいかがでしょうか?

もしくは「できない」から「できる!」に潜在意識を変えるIH、見てみませんか?

Kinesiology & IH 体験会は今週の日曜日です!

6/5/2016 Sunday 10:30 @Greenstone Therapy

3314 Mortor Ave. Los Angeles 90034

Free Farmers’ Market Parking on Motor near greenstone

 

嫌な気分をラクにするの巻

IMG_5318

満月の時にイラっとしたら。心のクレンズ絶好のチャンス!
今日は避けたい人に遭遇してムカムカした時の、私なりの対処のご紹介でっす。

避けたい人に遭遇、イラッとした今日。
私にとってそれは、面倒な人。
何が面倒かって、自分の欲求が満たされないと被害者モードに入って不機嫌になる。
特別扱いしてあげないと、上から目線で攻撃的になるタイプ。
彼らと上手くやる方法はそりゃあるけど、関わりたくないという気持ちが先に立って、そうしようとしない自分。
こういう時私はひたすら逃げたい気持ちになっちゃうんだよね。
つまりコミュニケーション能力に欠けるんだけど。。。

さすが満月、普段奥の方に漂ってる感情のホコリを表面にグイグイ引っ張ってきます。
イライラが収まらないので、この気持ちをクレンズする事にした。
メソッドはいつものEFT(エモーショナル フリーダム タッピング)を使用。
顔など数箇所のツボを指でタッピングしながら自分の気持ちをブツブツ言うだけであら不思議、意識のもっと奥につっかえている感情にアクセスできちゃう。

最初のステップは、「彼らにムカムカする」という自分の気持ちをまず受け入れる。
感じるべきではない「悪い」感情なんてひとつもない。大丈夫、自分にもこんな事があってもいいのさ。

次に、compassion(共感)をトライ。彼らに愛を感じれるかどうかやってみた。
彼らには彼らの生きて来た環境があり、どうしてそうなったの私には分からないけど、癒されないインナーチャイルドムキ出しで生きているだけだ。
お金や人からの尊敬を得る事で自分の心を満たそうと、必死なんだ。
でも彼らも私も、Feel Goodでありたいと願うのは同じじゃないか。
嫌な態度をとってたけど、許そうではないか。

いや、なんか違うな。まだムカムカ。

信じがたいけど、すべての人のハートの一番コアな部分は、愛でできている。と私は思う。
愛以外のすべての感情を、成長過程でたくさん経験しただけで、それを一つ一つ取り外すことができたら、やっぱり愛しか残らないと思ってる。
で今私がムカムカしてるということは、その愛以外の余計な感情を手放したいと望んでるから、なんだよね単純に。
だってその「ムカムカ」が、本当の自分の一部だったら、そのままでハッピーなはずだよ。。。
その「ムカムカ」は、本当の自分の愛と、今の自分の感情が食い違っているから生まれる違和感で、嫌な気持ちはそれを教えてくれるサインなんだな。
というわけで、自分の「ムカムカ」に、サンキュー教えてくれて、もう行っていいですよ、と伝えてみる。

しかし早々にはどかないのだ。

今度は自分自身の「嫌な気持ち」をもっと詳しくみてみる。
これはついつい「彼らが私に嫌な態度をとったせいで」と単純に相手のせいにしがちだけど、実は奥にはもっといろんな感情が隠れてるもんなんだなー。
この作業はちょっとオエってなるけど、頑張って掘り下げよう。

まず、「罪悪感」。これは意外にもある。彼らに自分はもっとナイスにする事もできたが、そうしない事を選んだ自分。
そして、そうするべきだった、という「後悔」が次にくる。
そうなると、許すべきなのは実は彼らに対してではなく、自分を許したいという気持ちだって事に気付く。
そして、その許しは二通りある。
ひとつは単純に、もっとおおらかな自分でいようとする向上心。
もうひとつは。

彼らがやっていた事は、人をマニピュレート(操る)しようとする事だ。
自分の期待した反応が相手から来ないと、言葉では何もいわずに不機嫌という態度で示して、相手に罪悪感を抱かせようとする。
これはよく私の母親がやっていたパターンでもある。「あなたがそうしてくれないから、私は気分を害しているのよ」という無言の圧力で、相手をコントロールしようとする。

で、ここでポイントなのは、相手の操作に私は自分が引っかかる事を無意識に選んでしまった、という事。
大人になった私は、相手の機嫌次第で罪悪感を感じる必要もなければ、自分の気分を害する必要もないのに、未だについつい自分自身の感情のコントロールを、相手に渡してしまうのだ。
そこに穴が空いているなら、避けて通ればいいものを、自らその穴に落ちたんだよね。
だから、穴に落ちるという犠牲者を選んでしまった自分を、許した。

自分を許したら、今度は自分がどうありたいかにフォーカスする。

私には相手の操作に引っかからないだけの強さが、ちゃんとあるって知る事。
彼らの気分を良くする事は私の責任ではない。
それは彼ら自身にしかできない事だから。
そして私の唯一の責任は、自分自身がFeel Goodでいる事。
私自身がFeel Goodでいる事によって、初めて周りの人にいい影響を与えられるんじゃないか?

ってブツブツ言いながらタッピング。ふ〜だいぶラクになったぞ。
んじゃ瞑想して寝るか〜

 

消えて欲しい症状を受け入れられるか?

IMG_5411

私には消えて欲しい二つの症状がある。
一つは鼻詰まり。気温の変化に伴ってまたもや鼻がつまり出し、こないだセドナの赤土を吸い込んで以来更に悪化、息が苦しい日々。
もう一つが、汗っかき症状。毎年暑くなってくると、私の体は気温×体温の上昇に過剰反応、温度調節に必死になる。
暖かい飲み物なんて飲んだらもう大変。キャー体温を下げなきゃ!!とばかりに汗だくになってしまう。

これ、一体何なんだろう。と最近またもや悶々としている。
今までIHで全く消えて無くなった症状もあれば、(ネコアレルギーとか花粉)こうやって帰ってくる症状もある。
同じ症状でセッションを受けると、その度に違う角度から自分の人生をヒーリングすることになり、興味深い。 Continue reading

笑ってから、呑む!

IMG_5211 (1)

そう、「笑うために呑む」んじゃなくて。
これ、鉄則だよな〜・・・と思った出来事があった。
去年の冬、ガロンサイズのガラス瓶を探していた私は、近所のスーパーでいいモノを見つけてしまった。
”ワイン1ガロン入り”の大瓶である。
中身はマズイだろうけど、ガラス瓶だけで買うより安いじゃん。と思って中身は捨てる覚悟で購入。

そして数日後の夜。私は怒っていた。 Continue reading