インテグレーテット ヒーリング

IHとは、体と心を癒すためのツールです。

私は20年以上ひどい鼻炎の症状に悩まされ続けていました。鼻孔が腫れ上がり圧迫し、ひどく呼吸を妨げるものです。たくさんの医者に通い、飲み薬、点鼻薬、漢方、針治療、考えつくものは全て試しましたが、全く効かず。医者には、このタイプの症状を治す事は難しい。一生治らないものですよ。なんて言われました。 20数年の間に症状はどんどん悪化する一方で、毎日毎日呼吸が息苦しくて仕方なく、そして友達からの勧めがきっかけで、疑いながらもIHを受けてみると。

私の体=潜在意識から示された原因は、アレルゲンでも超過敏症の鼻孔でも、中枢神経のアンバランスでもなんでもなく、「母親との関係によるトラウマ」でした。そんな事があるわけない!と、驚愕でした。私の鼻炎と、母親と、一体どう関係があるというの???しかし、実際には、今まで何をしても全く効果のなかった私の鼻炎は、IHでそのトラウマをリリースしていくたびに、目に見えて良くなっていったのです。

体の痛み(もしくは心の痛み)を、薬などで一時的になくす事は、雑草の葉を刈っている事と同じです。その雑草の根っこを見つけ出さない限りは、葉はまた同じように伸びてきます。 でも、その根っこはどこにあるのか? 私たちの潜在意識は、1秒につき顕在意識の500,000倍の情報を処理します。私たちが子供から大人に成長する間、私たちの脳は、自分の周りにいる人たちの行動を全て観察し、インストールします。同時に、自分が起こした行動で、そのとき何かうまく作用したものを、同じくプログラムとして、保存します。これはコンピューターのプログラムと同じような仕組みです。そして私たちの潜在意識は、「無意識に」そのプログラムをリピートし続けます。

では、次の場合はどうなるでしょうか?例えば、そのプログラムの内容が「誰か知らない人と話すとき、私は気まずく感じ、恐れる」もしくは、「誰か知らない人と話すとき、私は安心していて、自分が相手に受け入れられると思う」 この二つでは、その人の性格にすら、重大な違いをもたらします。

しかし、潜在意識の中のプログラムがすることは、「そのボタンが押されたとき、そのプログラムを作動する」でしかありません。わたしたちの潜在意識自体は、それが良いか悪いかを判断しないのです。私たちが知っているこの「顕在意識」は、私たちの持つ全体の意識の中でたったの5%でしかありまん。あとの95%は、「潜在意識」が占めるのです。とすると、「明日からダイエットする」という私たちの「意思」がどうにもうまくいかないのが分ると思います。何しろあなたの95%の意識は「ダイエットなんてしたくない」と言っているのですから。

IHでは、筋肉の生理反応を読み取るテクニック(キネシオロジー)により、潜在意識と直接コンタクトし、その症状もしくはストレスの根本原因にアクセスを試みます。そしてクライエントさんの体がその時、その空間において、最も必要としている癒しをもたらします。IHのセッションを進めていくのはクライエントさん自身の体=潜在意識ですから、100%安全です。

次に紹介するのは、IHのヒーリングメニューの例です。

扁桃体のネガティブな記憶の修正

自己破壊&サバイバルプログラムの解除

インナーチャイルドヒーリング

頭蓋骨の調整

蝶形骨の調整

顎関節の調整

不必要な誓いの解除

ストレス反応ーAHPの機能のバランス

怪我に伴うネガティブな記憶の修正

自己啓発

第一頸椎と第2頸椎の調整

脳の転換機能の調整

自己制限的な信じ込みの解除

体の痛み

甲状腺の機能のバランス調整

Advertisements


%d bloggers like this: